--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年03月06日 (日) | Edit |
自宅で友人に手話を教えました。近隣に手話で楽しく話せる人が増えて欲しいという
願いから年に数回だけですが、家で手話を教えることがあります。
私の教え方は一般の手話講習会で教えているような方法ではありません。
私なりの方法で教えているのですが、皆さんの吸収が良いということもあって
本当に手話ができるようになるんです。


 ・声なし
 ・指文字は早い段階では使わない(教えない)
 ・いわゆる「日本手話」で。(「日本語を忘れるぐらいに」)
  ※「日本手話」「日本語対応手話」の区別は好きでなないのですが、
    他にいい言葉が思いつかないのであえて…

 何よりも私の3人の子たち(健聴です)が実践しています。

教え方がどう違うのか?例えていえば、日本語で英語を学ぶのと
英語を英語で学ぶという違いでしょうか。手話を手話で教えます。
一つの言語として。日本語と手話は違う言語です。頭が手話モードになるように
することから導入します。私が持っている「手話脳」をプレゼントして
あげるような感じでしょうか。

みなさんの多くは学校教育では日本語で英語を学びましたよね。
日本語で英語を学ぶ事はとっかかりとしては分かりやすいのですが、
何年たっても堅い英語しか出来ないことが多い、ヒヤリングが苦手と
いうのは身に覚えがある人も多いかと思います。手話も同じです。


声付きの手話、日本語をベースとした手話(いわゆる「対応手話」)ではなく、
初めからホンモノの手話に触れることが大事です。特に英語で言うヒアリングが
出来るのと同じように読み取りがスムーズにできるようになるかどうかは
そこで差が付くと思います。


 全く手話を知らない時からそんな方法で手話を教えられるの(学べるの)~?
という疑問が出てくるのでしょうが、そこは工夫次第です。
本業もあるし、ろう薬剤師として必要な活動が多くなかなかやけど、
ホンモノの手話普及もできたらなと思う。近所のママ友達と手話で話したいと
願っている妻にHOW TOを伝えて、手話ができる友人が増えていくことを願っています。

まずは身近な友人から!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。