--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年01月25日 (月) | Edit |
標題が下記URLより発行されています。

(厚生労働省HP内)
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/sabetsu_kaisho/

ガイドライン(pdf)
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/sabetsu_kaisho/dl/iryou_guideline.pdf
これをきっかけに、全国にある医療機関において手話の普及、
手話通訳者の設置が広がることを願ってやみません。

私も現在は特に居住地の吹田市民病院との話し合いに力を入れています。

医療関係者は参考にして頂けると幸いです。
聴覚障害、手話関係者は要望提出の材料にして頂ければと思います。
---------
【手話に関する要点】
   (意思表明)
・意思の表明に当たっては、具体的場面において、社会的障壁の除去に関する配 慮を必要としている状況にあることを、言語(手話を含む。)のほか、点字、拡 大文字、筆談、実物の提示や身振りサイン等による合図、触覚による意思伝達な ど、障害者が他人とコミュニケーションを図る際に必要な手段(通訳を介するも のを含む。)により伝えられます。 (p.7)
→手話により、手話によるコミュニケーションが必要と伝えることが出来ることが明記されています

(主な特性)
・聴覚の活用による言葉の習得に課題があることにより、聴覚障害者の国語力は様々 であるため、筆談の場合は、相手の状況にあわせる(p.15)
→筆談がとても苦手な人が多くいます。正確な意思疎通は
 手話をおいて他にない人もいます。

(主な対応)
・手話や文字表示、手話通訳や要約筆記者の配置など、目で見て分かる情報を提示し たりコミュニケーションをとる配慮(p.15)
→手話の使用、手話通訳者の設置が必要と明記されています。


また、盲ろう者に対する触手話についても明記されています(p.17)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。