--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年08月26日 (火) | Edit |
医薬品中心の卸売り業「メディセオ」が運営する
「e-medico.com」に私たちろう薬剤師3名の原稿が記載されました。

https://www.e-mediceo.com/App?LOGIN=Slogout
(会員登録して頂ければ閲覧できます。誠にすみませんが、医療従事者限定です。)


「医療現場における手話」という題で
眞島昭彦先生、早瀨久美先生と私の3人が依頼を受け、
「聴障医ネットhttp://homepage3.nifty.com/deaf-med-net/」の幹事のご協力を頂きながら完成させたものです。

医療従事者(特に薬剤師)に「なぜ筆談でなく、手話が必要なのか?」を
伝えるために記述したものです。手話やろうをほとんど存じない
人向けにどう書いたら伝わるのだろうかと今回も頭を悩ませながら完成しました。

ろう患者が平等に医療を受けられているか、薬物治療を受けられているかと
いいますと、そうではないのが現状です。これからもっと手話が広がりますように。
ろう者が受療権を得られますように。

ご覧いただけた方々は周囲の医療従事者にもお知らせいただけますと幸いです。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。