--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年08月14日 (木) | Edit |
日本薬剤師会学術大会がHPから、手話通訳を申し込めるように
なりました。備考欄に要望すれば、要約筆記、FMシステムなどの
情報保障が可能になると思われます。

http://www2.convention.co.jp/jpa47/shuwa.html

長年の夢がようやく1つ叶いました。

この方法があることを知ったのは、2005年のアメリカ留学時代に
American Pharmacists Association(APhA)の大会に参加した時でした。
手話通訳に関して英文で交渉しなければならないなぁ、大変だなぁと思っていた
ところ、HPから申し込むだけですんだのです。とても楽だったこと、また手話通訳
者の質が非常に高かったことは(アメリカは4年制大学の手話通訳コースを卒業
する必要があります)同時の私にとっては初めての経験で感激そのものでした。
日本でも実現出来たらとずっと
思っていました。

今までは私たちろう者・難聴者の誰かかとりまとめをして交渉する形でした。
それには欠点がありました。私たちのネットワークにつながりがない人は
申し込みにくい状況にありました。また、予算の都合などで調整が必要な場合
私たちの代表が調整をするという大変な作業も行っていました。

主催者側が責任をもって配慮し、主催者側から申し込めるということを
周知するという本来の形がようやく出来つつあります。

10年前、私が薬剤師になったばかりの時には通訳をお願いすると
断られるなど何度も何度も交渉を繰り返したものでした。どうして一つの大会に
参加するだけでこんなに労力をかけなければならないんだろう。という思いの中
での参加でした。
それが、今このような形にまで開かれて行き、感無量です。

ここに至るまで多くの方々にご協力を頂きました。
また、同じきこえない仲間たちとも励ましあってきました。
ご報告と共にお礼申し上げます。

これからももっと良い形へ、お力添えを頂ければと思っております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。


※「日本病院薬剤師会近畿学術大会」も
 先方から「今年度は参加しますか?通訳は必要ですか?」
 とお聞きして下さるようになりました。そちらも進展が感じられます。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。