--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年06月23日 (日) | Edit |
差別解消法が国会で成立決定しましたが、
手話が言語として位置付けられるようになる「手話言語法」の
成立も祈っています。

少し前に、手話や聴覚障害についてインタビューを受ける
機会があり、説明したところ「手話は究極のジェスチャーなんですね」
と感想を述べられ、そうではないということを説明しました。


手話についてどうも、TVドラマなどで俳優が演じるのを
見て、声に出してしゃべる「音声言語」のおまけのように
しか考えていない人が多いという誤解が広まっているように思う。

手話は音声言語と全く違う文法、体系を持った言語です。
そして、決して音声言語に劣るものではありません。
ジェスチャーとも全く違います。

以前、「府薬雑誌」などにも少し触れましたが、
私なりに説明したいと思っています。


○手話とジェスチャーの違い

1.ジェスチャーは名詞が苦手
ジェスチャーは「走る」、「投げる」など動詞なら表しやすい
ような印象を受けます。しかし、名詞は如何でしょうか?

「パン」という名詞をジェスチャーで表してください。
簡単ではないでしょう。更には「カレーパン」「クリームパン」は
いかがですか?手話なら普通にできます。


2.ジェスチャーは実際に見えない話をするのが難しい
「向こうのかばん持ってきて」
「これを3つ買いたい」ぐらいの会話ならジェスチャーでできます。
しかし、
「なぜ、生きるのか?」という議論は不可能です。
手話では特に若い人がそんな議論をかわしています。

私は薬についての複雑な説明を文章の読み書きが出来ない
ろう者に説明するのを得意としています。飲み方だけでなく、
どう効くのか「薬物動態」や「薬理」も説明できます。
伝わるのは「手話」という言語ベースがあってのことで、
ジェスチャーだけではほぼ無理です。


3.ジェスチャーには手話ほどの共通単語が少ない
「日本語・手話辞典」では約1万語収録されています。
ジェスチャーは多くても100語ほどでしょう。


4.手話には言語分布がある
アメリカ手話とイギリス手話が全く違うのをご存知ですか?
同じ英語圏であるにもかかわらずです。
また、日本手話と韓国手話、台湾手話は良く似ています。
私が子供の時、韓国人ろう者が家に遊びに来て、難なく
話せることに驚きました。筆談すると相手はハングル、
こちらは漢字と全く違うのに。
歴史的背景があり、手話は手話の言語分布があります。
ジェスチャーはそれほど複雑な分布はおそらくないでしょう。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。