--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年07月08日 (日) | Edit |
本日は縁があって、
「関西障害者歯科臨床研究会第4回研究集会」に初めて参加しました。

障害者当事者がどうしたら安心して歯科治療を受けられるか
を焦点に置いて話し合うとても良い研究会でした。

厚かましくも期待を込めて、
聴覚障害者はコミュニケーションの壁から
痛くて我慢できなくなるまで歯科に行かない人が多い
という現状と、
歯科にアクセスするためには手話が必要と言うことを発言させて
頂きました。

先生方とお話ししたのですが、
歯科医師の常識と聴覚障害者、特にろう者の常識には大きなギャップ
があるようです。それを埋めていくには手話(手話通訳)が必要と
言うことをお伝えしました。

これからの取り組みに私もお手伝いできることがあればいいなと
思っています。

なお、この研究集会には障害者当事者も参加することが出来る
開かれた集会です。関心がある方は参加して下さい。

今回の集会において、手話通訳者を配置して頂き大変感激
しております。関西障害者歯科臨床研究会の先生方に、お礼申し上げます。
とても良い一日をどうもありがとうございました。


関西障害者歯科臨床研究会HP
http://scd-kansai.com/

平成24年度歯の手話を学ぶ会HP
http://www.daishigi.org/old/syuwa/sub15.htm
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。