--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年06月06日 (水) | Edit |
門真運転免許試験センターで免許更新しました。

なんと・・・

1.手話が出来る職員のもとで手続きを行いました。
2.講習に字幕付きDVDを流して頂きました。
3.講師とマンツーマンで講習を受けました。
  パワーポイントなどを使用して頂きました。
4.メール110番、FAX110番(聴覚障害者専用)を案内して頂きました。
5.免許証が出来あがった時に、聴こえない名前の呼び出しではなく、
  スタッフが持ってきて頂きました。


期待して行ったのではなかったので大変驚いたのは言うまでもありません。

その手話が出来る職員に話を伺ったところ、
「当然の対応でしょ?コミュニケーションは大切です。」と
言い切って頂いたのに感激しました。

私も交通安全のことを今日ほど、真剣に
聞いた日はありませんでした。いつも何を話しているか
分からない講義にはテキストをぱらぱらとめくる
だけでしたし、DVDを流して部屋がうす暗くなれば
居眠りしていたものです。

ろう者も交通安全のことをきちんと学ぶ必要が
あるので当然と言えば当然の配慮なのですが、
私自身がそれを事前に要望を出さずに行ってきた
ことにも反省しました。


更にこれから講師とのマンツーマン講義に手話通訳を
つけることが課題と話して下さいました。

ろう者は今後運転免許更新の時に、手話などの
合理的配慮を要望するようにしましょう。

なお、門真市のセンターは手話が十分にできる職員が
1名しかいないため、事前に連絡してから行かれることを
おすすめします。

あたりまえのことがあたりまえになるよう、
社会はもっともっと変わらなければと思います。
自分自身も変わらなければと思います。
とても良い体験でした。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。