--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年12月24日 (金) | Edit |
「大通研35周年&全通研法人化記念大会」へ行ってきました。
記念講演は、全通研理事の森川美恵子さん。

「通研には大変お世話になった」と色々な人に話していますが、
その中でも最もお世話になった方です。
森川さんは愛媛支部(愛称:ひめ通研)の方で、宇和島に
住んでいた2年間、まだ25歳前後だった私の心に焼きついた方でした。

大会で「一緒に活動されたんですか?」と周りに質問されたのですが、
お互いに目を合わせて、「一緒に遊んだよね♪」と話していました。

「活動する」という言葉に違和感を感じるぐらい、楽しくやっていました。

森川さんと愛媛の活動の基本は「ひと」から出発することです。

宇和島にいたときは、
「ろうあ者が困っていたので…」ではなく、
「○○さんが困っていたので…」という言い方が日常でした。

3人称・複数ではなく、
3人称・単数、2人称、1人称。それも名前で呼ぶ。
とにかく、個人個人を尊重した活動でした。


身近な誰かに「思いを寄せる」そこから社会が変わる
と講演の時に森川さんの色々な経験からそのお話をして下さいました。

都会にいると忘れがちなことをお話して下さり、参加者の皆様も
忘れかけていたことを思い出されたのではと思います。
私はと言いますと、愛媛にいたときのこと色々思いだして、涙が出そうでした。

愛媛に住んでいなかったら今ここまで活動をすることもなかったでしょう。

愛媛のいいところを大阪にも伝えていきます。
新しい仲間とともに頑張ります。ありがとう。美恵ちゃん。

大通研のみなさま本当におめでとうございます。
今後もよろしくお願いいたします。




スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。