--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年05月07日 (金) | Edit |
昨日で、「大阪府手話通訳者問題研究会(略:大通研)」からご依頼頂いた
講座を無事に終えることが出来ました。

テーマは「薬学コース」。手話通訳者を対象に全5回行いました。

正直、その団体から依頼を受けたことだけでも、びっくりしたのに、
「5回連続で」と言われた時には、驚きを超えて光栄なことと感じました。

【内容】
 ①薬の一般的な使い方(外用薬)
 ②薬の一般的な使い方(内服薬)
 ③病気と薬
 ④薬と副作用
 ⑤薬局の上手な利用の仕方

【目的】
 ・手話通訳者が知識の向上をし、医療現場での通訳をよりスムーズにすること
 ・講師である私の手話表現を見て、その手話を参考にすること


これまでの講演は単発(1回)のみでした。5回続けてとなると、かなり本格的
になるので、準備も大変でした。でも、こういったことが出来るようになりたいと
以前から願い続けてきたので、大変さよりも楽しさの方が大きかったです。


無事に終了できました。何よりも出席率が高かったことがとても嬉しかったです。
素晴らしい機会を下さった、大通研のみなさま本当にありがとうございました。

そして受講生の皆様も最後までお付き合いくださり、どうもありがとうございました。
この講座を通して薬剤師が身近なお友達になって下さったらとても嬉しいです。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。