--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年04月28日 (木) | Edit |
20160417_223841_HDR.jpg

この靴に六文銭がありますよね。
そう、これが真田幸村シューズなのです!GETしました。
靴職人の友人が代表をしている「北嶋製靴工業所」の作品です。

幸村好き+友人が創った靴という滅多に経験することのない2重の喜びを
味わえています。カッコイイし、当初思っていたよりも軽くて履きやすい。
履いている間は幸村の生きざま、そして友人の想いが
感じられ、元気の源になります。

友人はご夫妻とも大学時代に手話サークル活動を
していらっしゃいました。その関係で、知り合い
仲良くさせて頂いているとても素敵な方です。

皆さんも一ついかがでしょうか?

注文はこちらまで(革靴本舗HP内)。
http://www.up-shoes.com/SHOP/1371.html
※このページの商品はシークレットシューズですが、備考欄に「ノーマル希望」と
記載すれば、ヒールアップなしのノーマル靴の発送に対応してくださるようです。

真田スーツ&シューズ企画の記事はこちら
https://faavo.jp/osaka/project/1111

スポンサーサイト
2016年03月19日 (土) | Edit |
最近私がきっかけで薬剤になりたい、もしくは薬学部に入学したと
いうろう学生がいるという報告を受けるようになりました。
担任の先生などからお聞きしています。

 ・「ももくり3年・・・!?」のDVDを見て
 ・私の講演を直接聞いて
 ・私のことを知っている親から勧められて

併せて、今の薬学部は私が在籍していた時よりもはるかにコミュニケーションに
ウエイトが置かれるようになり、卒業が心配という声も聞かれます。

講演の時に何を話したのだろうかとPPT資料を読み返してみました。
高校生の進路学習会の講演で、薬剤師の仕事を紹介しつつ、
ろう者が社会に出るにあたって必要なことなどをお話したのですが、
大まかにこんな内容でした。

・壁が多くて非常に苦労していること
・人一倍の努力が必要なこと
・環境が整っていないので、周囲に理解と協力を得ながら自分で
 創っていかなければならないこと
・それを通して得られる喜びもあるということ
・ろうだからこそ役に立てることも多いということ

その生徒さんがどう受け止めて薬学部に進学したのかは
まだお聞きしていないのですが、困難があることを承知の上で
選択されたのだと期待しています。

ここには詳しくは書けないのですが、私自身健康管理に
専念せざるを得なくなり、低空飛行・安全運転するようになりました。
ろうで薬剤師の仕事を続けることは本当に大変で、
その生徒さんが薬学部への入学が決まったことが本当に
良い選択だったのかどうか・・・と責任を感じます。

この道を志望してくださった人には心から応援したいと
思っています。自分自身のことも含めて、後輩たちが充実して
勉強したり、働いたりできる環境作りへ私が出来ることを
続けていこうと思う、そんな連絡をたまたま・・・続けて頂くのでした。

これからも、薬剤師を目指すろう学生は増えていくでしょう。
情報保障、コミュニケーション保障の充実にみなさまのお力添えを
頂くと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。


2015年12月20日 (日) | Edit |
来年のNHK大河ドラマが楽しみ!
私の大好きな真田幸村を舞台にしたドラマ、早く始まらないかな。

大坂冬の陣・夏の陣の奮戦ぶり、そして絶対に負けるとわかっていても
豊臣方に付き、自分の信念を貫いた生きざまに心を打たれる日本人は多いという。

「死を覚悟したものは強い」と言うが、幾度の死線を超えて家康の本陣に
一撃をくらわせた彼らの行動にはその言葉すらもの足りない。
敵味方を問わずに感服し「日本一の兵」と絶賛され、
これほどまでに後世に語り継がれていった一小国の大名はそうはいないだろう。

何よりも雌伏の時が14年間という長き時にわたったのにもかかわらず、大義を果た
す志が萎えることがなかったことに敬意を払っています。

写真は私が愛用している幸村のTシャツです。九度山で買いました。
幸村のようにとはいかないまでも、自分の信じる生き方が出来たらと思う。
IMG_8786.gif

機会があれば九度山に訪れてみてください。
真田のもとに一丸となって町おこしをしている様子がとても感じられますよ。


2014年08月03日 (日) | Edit |
平日にもっと活動が出来たら…という悩みを持っています。
ろうあ者の問題は山ほどあり、薬剤師の肩書きを外さず「生計を
立てられる仕事として」にそれに
取り組むことが出来れば理想ではあるが、自分の時間を使って少しずつ
長く続けるしかないのが現状。

せめて、休日だけでなく平日も活動と思っているが、
なにぶん時間が作れない。

統計局の「生活時間・行動の種類」に1次活動、2次活動・・・というのがある。
http://www.stat.go.jp/data/shakai/1996/4.htm

私の平日は
1次活動 10時間
2次活動 12時間
3次活動 2時間
改めて整理すると3次活動が2時間しかないのに驚く。
(平日は家事を少な目にしてもらっている中でです)
この分類では手話やろうあ運動に関する時間は3次活動のうちに入ります。
3次活動のうち、1時間は資料やPPT作成に充当し、0.5時間はメールのやり取り。
残りの0.5時間は体調管理のためのリラクゼーション。といったところか。

---
※追記(26.8.5)
実際平日の生活を注意深く見てみたところ、
3次活動は1時間しかなかったです(汗) 子供のこと、
その他何かと身の回りの用事が出来るので…
---

何よりも10時半に寝て6時に起きないと体調がもたないのが痛い。
それプラス帰りの電車の中では消耗していて寝ていることが多い。

口話の世界で健聴者と同等の動きを求められ、
それに応えようとし続けることで消耗しているのが最も大きい。

改善できればと願うのだが、今しばらくは辛抱というところか。
1時間だけでも3次活動の時間があるということを幸せと
考えながら。

2014年07月04日 (金) | Edit |
自分のブログをまともに見るのはすごく久しぶりです。
第3子が産まれたことをブログではまだ報告していなかったことに
今更ながらに気付く私でした。

3月に男の子が無事に産まれました。大馳(だいち)です。
新しい家族共々よろしくお願いいたします。

特に3月、4月は家のことをたくさんしていました。
もはや「家事を手伝う」には留まらず「家事をする人」と
なっていた時期でした。

「私も家事をしてるよ~」という男性は結構いますが、
「している」というのがどの程度かですね。
例えば「服をたたんでいる」と言っても、
適当にたたんで終りなのか、たたんで更には
家族5人分のしまうところに戻すところまでしているか
とではかかる時間が歴然と違いますよね。

「子どもの送り迎えをしている」にしても単に送り迎えを
するだけなのか、持ちものを全部揃えて、全部洗濯して
、洗濯したものをたたんで、しまって、また揃えて
送り迎えしているのか、先生への連絡帳も毎日書いているのか
刺繍もしているか(さすがにそこまではしませんでしたが)・・・
それによって「家事をしている」といってもその度合いは違いますよね。

隅々まで毎日毎日休まずに何年もしている奥さんはすごいなぁと思っています。

また、講演などの活動も出来るだけ続けています。
今年1年間の講演は多くても月3回までと自ら制限をかけていますので、
3分の1ぐらいは実現できなかったものもあります。
でも、家庭、仕事、講演も全て続けるにはそういう時期も
あるものですね。

本日、「手話通訳士現任研修」の講師を無事に終え、秋田のホテルに
おります。子どもが3人もいる自宅と比べるとまさに静寂のひと時です。
長いブログを書ける貴重な時間でもあります(笑)

全国から講演依頼を頂くようになりました。宇和島に住んでいたときに、
地域格差を感じるようになり、私が培ってきた経験を京阪神だけでなく地方にも
届けたいという願いが少しずつかなうようになってきています。

産まれたばかりの赤ちゃんがいる家庭のこともあるので、
少しずつですが地道に頑張りたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。