--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年03月27日 (日) | Edit |
お薬手帳

3月24日は守口障害者生活支援事業所で講演を行いました。
今回は聴覚障害者だけでなく、あらゆる障害者が対象でした。
どうもありがとうございます。盲の方、車いすの方からも
質問があり、大変勉強になりました。

講演のときに、良く「お薬手帳は常に携帯して下さい」と
お願いしています。

「お薬手帳」の役割は徐々に周知されています。
しかし、通院する時、薬局へ行く時しか携帯していない人が多いのが
現状です。それだけでもかなりの役割を果たしてくれますが、
常に携帯すると、救急時、災害時に活躍します。

突然の事故で、救急車で運ばれたとき、
今回の東日本大震災の時のような災害時に今飲んでいる薬の
内容、量などが分かるととっても助かるんです。


災害時は、かかりつけの病院、薬局が機能しなくなることがあります。
家が散乱し、薬やお薬手帳を探し出せない時もあります。

そんな時に、医師に
「今、飲んでいる薬はなんですか?」と聞かれたときに、
お薬手帳があれば一目で分かってもらえます。


ちなみに、災害時は「処方せん」がなくても
薬を調剤してもらえる時があります。その時に、お薬手帳があれば
いつもの薬、もしくはそれに近い薬を出してもらえます。

特にろう者は薬を名前ではなく色・形で覚える傾向があります。
手元にお薬手帳があれば名前を正確に伝えられます。コミュニケーション
面でも非常に役に立つツールとなりますよ。


(参考)
薬事日報HEADLINENEWSより
http://www.yakuji.jp/entry6427.html

---------------------------

2011年3月15日 (火)
【東日本大震災/厚労省】薬局調剤に処方せん不要‐製薬・卸へ物資供給要請

 東日本大震災を受け厚生労働省は、医療保険、薬事制度に
ついて特例的な対応を講じ、医療機関・薬局、医薬品メーカー
・卸ら関係者に協力を要請し、必要な医療提供、医薬品供給を
進めている。
 厚労省が災害対策本部を立ち上げたのは、11日午後に三陸沖で
最初の地震が発生した直後の同日2時50分。翌12日朝には、現地
連絡本部を設置した。広域災害救急医療情報システムを通じた集計
では、200人を超える災害派遣医療チーム(DMAT)が活動を
展開している。
 医療保険上の対応では、保険局医療課が、住居に被保険者証を
残したまま避難している状況を踏まえ、被保険者証を提示しなく
ても、氏名、住所、生年月日、勤め先を伝えることで、医療機関
を受診できることを、11日に都道府県へ連絡した。公費負担
医療を受けている被災者については、健康局や社会援護局の関係
各課が、手帳や患者票がなくても受診が可能なことを決めた。
 処方せん医薬品の供給も、特例的な対応をとった。薬事法では、
医療機関や薬局以外を除き、処方せんが交付されていない者に対し、
処方せん医薬品を販売することを
原則禁止している。
 ただ、大規模災害時等に医師の受診や、処方せんの交付が困難な
事態を、処方せんがなくても販売できる“正当な理由”として想定
している。そのため、医薬食品局総務課は、今回の地震や津波が
“正当な理由”に該当すると判断。処方せんのない被災者への
医療品の販売・授与を認めることを決め、12日に都道府県等を通じ
て医療機関・薬局へ周知した。

 医政局経済課は12日、医薬品・医療機器のメーカーや卸の業界団体
に対し、物資供給の支障が生じたり、適正流通を阻害することの
ないよう、協力を要請すると共に、被災地に医薬品等を輸送する、
「緊急通行車両確認標章」の発給手続きを通知した。

 最寄りの警察署に、厚労省からの協力要請通知の写しを提示すると、
警察署が車両の所属を厚労省に確認した上で標章を発行し、これを
受け取った輸送車は、標章を見せて検問を通行するという仕組みだ。
 このほか厚労省は、医薬品等の物資調達のために、被災地域の
要請で、在宅酸素、破傷風ワクチン、輸液の補給をメーカーや卸へ要請した。
スポンサーサイト
2010年04月23日 (金) | Edit |
フルタイドディスカス。気管支喘息の時に使われる薬です。
吸入方法が特殊なので、使用方法がろう者に伝わっていないケースが
多いと予想されます。

実際に、私がしっかり吸入できていないことを発見し、
手話で説明したことで、吸入が出来るようになり、長年悩まされてきた
症状が劇的に変化した患者さんがいます。

参考に、使用方法をURLを貼ります。(製薬会社HPより)
http://glaxosmithkline.co.jp/medical/excl/asthma/kyunyu/pdf/ft_diskus.pdf


「はやく深く吸う」のがポイントなのですが、なかなかうまくいかない人もいます。
思い当たる方はもう一度しっかり吸えているかどうか確認してください。


似たようなものに、「フルタイドロタディスク」など…
抗インフルエンザ薬の「リレンザ」も特殊な使い方をします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。