--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年07月05日 (土) | Edit |
小さい時から、
「起きたらまず読書」
「寝る前も読書」
とにかく本好きな息子も今は8歳になりました。

http://masaone.blog129.fc2.com/blog-entry-22.html

本好きの習慣は今も恐ろしいぐらいに続いています。
学校から帰ってきたらまず本。
3度の飯よりも本(ほんまに来ない)。お風呂が沸いても本。
宿題よりも本。

妻は毎日ガミガミです。
怒られると「だってそこに本があるんだもん」と弁解。

いまや、私の本棚から勝手にとって
本を読んでいることがあるようです。
下の写真のように!!
towa history

飯を食いながら山川出版の「詳説 日本史」(注:大学受験用です)・・・
文章だらけ、ルビもほとんどないのに「楽しい!楽しい!」というところ
もはや笑うしかありません。

私とは最近、歴史だけでなく年金、保険などの話もするようになりました。
何故?という部分まで理解度が高く驚いてしまいます。
妻は大変そうです。
毎日歴史クイズ攻めに遭って答えられずにいじめられているようです(汗)

良いところはつぶさずに、でも生活もきちんと・・・
父親としていろいろ楽しみながら、悩みながら育てています。

明日大阪へ戻ったらどんな話をしようかな。


スポンサーサイト
2013年11月20日 (水) | Edit |
社会活動について、手話の世界では
私のことは周知されていますが、家族も頑張っている
ということをお知らせします。

妻が梅花女子大学でお話しした時の様子と
感想文がUPされていますので、ご覧いただければと
思います。



感想文1
http://www.baika.ac.jp/blog/japanese_expression/2011/12/post_79.html

感想文2
http://www.baika.ac.jp/blog/japanese_expression/2013/11/post_200.html


妻は他にもイラストを頼まれて書いたり、
ろう者が見やすいイラスト作りや地元での手話指導を頑張っています。
息子も小学校の音楽会に向けて、手話指導をしたようです。

娘は自然に手話を使うことで「2歳なのに!!」と皆を
驚かせています。

家族皆で頑張っています!!


2013年06月23日 (日) | Edit |
2歳の娘と手話で会話をします。

絵本の動物のページを開いたときの様子です。

Miyu(猿を指さしながら)「おさるさんだね」と
   手話で表します。

  (かえるを指さしながら)「これはかえる」と手話。

と、言っているつもりなのだろうですが、
そうではなく、

「猿という手話はこうやるんだよ」
「かえるは手話でこう」 と手話を教えられているような気がするのは
私の受け止め方の問題でしょうか?(笑)


Miyu(虎を指さしながら)「がお~」
   歯をむき出しながら、つめをたてる手話で表します。

私  「おおお~怖いね」
   「でもね、虎という手話はこうやるんだよ」と
   顔の横じまを指で表現する「虎」を表します。
   そして、絵本の虎の横じまを指さして「ほらね。ここ。」
   「だから、こう。」ともう一度虎の手話表現を見せます。

そしたら、娘はなんと…
絵本をバンと指さすではありませんか。
指した場所は、虎のキバ。

Miyu 「がお~」 
    キバがあるから、こうやるんだよと
    再度キバをむき出し、爪をたてる「虎」の手話で返しました。
    つまり、反論です。

私  「あ、あ、はい。キバがあるから、がお~なんですね。
    分かりました。がお~ですね。」

負けました。
我が家では、虎は「がお~」という表現になりました(汗)
ライオンも「がお~」 怪獣も「がお~」
キバがあればなんでも「がお~」です。

Miyuちゃん、おそるべし。


娘は世の中の皆が手話ができると思っているようで、
どこ行っても手話で話しかけます。手話サークルへ行った時も、
一時保育の時も、手話で。かって、息子もそうでした。

Miyuちゃんも第一言語は間違いなく、手話なんだなぁと実感。
時々、兄弟で手話で話している光景を見ると微笑ましく思います。

人と人が何を話しているのか分かるということ。
聴こえる世界ではあたりまえですが、私たちにとっては
そういう環境はわずかです。

手話も口話も両方自由に表現ができる、心豊かな子に
育ってほしいと願っています。


【追記】(6.26)
新たな事実が分かりました。「じまじろう」や妹の「はなちゃん」は
普通の虎の手話で表します。私が「がお~」とやったら、唇を指さして
「キバないやんか!」と返されました。
やはり恐るべきです。 
2013年05月03日 (金) | Edit |
birthday-to-Miyu.gif

4月20日は2歳の娘の誕生日でした。
私は娘が産まれて来たことにとっても感謝しています。

娘が産まれたことで私はようやく家族の一員になれました。
過言ではなく、本当の話です。

娘がこの世に顔を出す前は息子はお母さんにぞっこんでした。
とにかくお母さん大好き! 

私が一緒に遊ぼうと声をかけても、
「お母さんがいい!」

一緒にお出かけしようとするものなら、
「お母さんとならいい!!」

母親に怒られて慰めようとしても、拒否して
怒られ泣きながらも母親に甘えようとしていました。
(一体どういうことか…笑)

私の出る幕はどこにあるの!?という感じで、
3人家族の中で2対1の関係が出来上がり、
私は蚊帳の外でした(泣)


娘が産まれたことで母親は娘に手がかかるように
なり、優しいお兄ちゃんは
「しゃぁないっか。」という感じで私と一緒に
お出かけすることを始めました。

それを繰り返すうちに私と遊ぶこともそれなりに
楽しいと思ってくれるようになったみたい(多分)。


今はバランスのとれた関係の仲良し4人家族です。
本当に心から幸せだなぁと思っています。

Miyuちゃん、本当に産まれてきてくれてありがとう。

良く笑う子でみんなの人気者。片付けが趣味で
本当に良く片づけてくれます。
テレビを見ながら踊ることが大好きな明るい子。

同じように育てているつもりなのに、兄ちゃんとは
また違った個性でとっても貴重な存在です。

これからもずっと家族にも皆にも笑顔を振りまいてね。


2013年03月09日 (土) | Edit |
ちょっと眠い目をこすりながらブログを書いています。
息子と二人で早朝の「卸売市場」を見学しました。

息子にとっては初めての場所。
最初は飛び交う大声や、走り回るフォークリフトなど
非日常の雰囲気にただただ驚いてすくむだけでした。

お寿司が大好きな息子に、社会を見せようと一案思い立って
今朝実行しました。

慣れてきてからこのように楽しんでいました。

IMG_0735.gif
生きているカニを持たせてもらったり、

IMG_0746.gif

IMG_0749.gif

間近でマグロをさばいているところを見せてもらったり、

IMG_0740.gif
図鑑で調べながらいろんな魚をみてきました。

とっても優しいおじさんから、まぐろの中落ちを
頂いたので、
IMG_0760.gif
このように満面の表情で朝食を迎えました。
ほんと、おいしかったです!!

次回(いつになるかな・・・)はもっと早く起きて魚のセリ
を見せようと思っています(マグロはすごい早いらしい)。
魚の水揚げも見せたいと考えているのですが、いつどこで
見られるか分かる方いらっしゃいますか?


魚をテーマにするだけでも、色んな人が、色んなところで
関わりがあるんだなぁと改めて私も勉強になっています。

なぜ、もらったマグロはおいしいかとか、
卸値は何故安いか、わざわざ卸売市場を作る理由は何か、
何故早朝はトラックが多く走っているのか…などなど。

疑問に思えば思うほど話は無限に広がり、親子とも
勉強になります。

子育て中の方は一度連れて行ってはいかがでしょうか?
(ただ、市場内の通行などには充分気を付けて下さい)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。