--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年09月19日 (月) | Edit |
① の続きです。
手話通訳申し込み公式HPから受け付けている日本薬剤師会学術大会ですが、当初から理解があったというわけではありません。まず闘いがあり、そして中盤から同じ団体の仲間としてより良い団体にしていこうという想いへ変わり、結果として1つの形として実現しています。そこに至るまで多くの人がかかわって来ました。長文になりますが、関心のある方はお付き合いくださるとうれしいです。

・1年目
新人薬剤師の時に学術大会に参加したいと思い、大会HPに記載されていた連絡先にお願いのメールをしました。なかなか返事を頂けず、3度催促した後にようやく頂いた返事はただ一言「不可」でした。「大きな会議が続き連絡が遅くなりました。」とのことです。日薬も最初は取るに足らない問題という認識だったのです。とにかく悔しかった。自分の参加権が小さなことと見られた。同じ日本薬剤師会の会員なのに同じ仲間として認められていない気持ちになりました。あきらめずにさらに申し出たところ「それでは開会式につけます。シンポジウム、分科会は不可です。」という回答でした。私は「開会式の後も勉強したい。通訳が必要です。」と伝えたのですが、平行線でした。

そこで、当時働いていた会社の社長に報告し、愛媛県薬剤師会会長を通して日本薬剤師会に「通訳はつけるべき」と意見を提出して頂いたけれども、進展はありませんでした。

身内で想いを伝えても限界がある場合、次に考えられる方法は外部からの働きかけです。当時の宇和島市聴覚障害者協会の会長さんが、「一緒に闘おう」と言ってくださいました。上部組織である愛媛県聴覚障害者協会の理事会に呼ばれて説明し、協会から薬剤師会へ要望書を出しました。それでも「不可」という回答でしたので、協会が愛媛県と相談し、県の予算で分科会にも手話通訳者を派遣していただくことになりました。


当日の開会式でもまた一波乱がありました。それは通訳者の立ち場所です。会場の隅っこの人目につかない場所で通訳してもらうように言われました。私は「隅っこの通訳者を見続ける形では舞台の状況が見えない。通訳者と話をしている人の顔の両方が見える場所、つまり舞台の上で通訳をしてほしい。」と強く訴えました。時間をかけた話し合いになりましたが、一人は司会者の隣で、もう一人は真ん中演者台の隣で通訳者が立つことが出来ました。会長あいさつなども隣に通訳者が立ち、とても見やすいものになりました。結果的に多くの人が見える場所で通訳されたため、日本薬剤師会も各方面から良い取り組みと称賛されたようです。残念ながら、分科会では各会場の担当者と話し合う時間が持てず、部屋の隅っこの暗い場所での通訳に終わりました。

 
・2年目 初めて全日程に手話通訳が付く!
 主催者側が準備したのは開会式だけに終わった1年目。2年目の大会前には、愛媛県聴覚障害者協会を含む3団体の会議に呼ばれて説明した後に、3団体名義で日本薬剤師会に要望書を出しました。その結果「全日程に手話通訳者を配置します。」と回答が来ました。もう、とても嬉しくて飛び上がりました。当日は担当者もつけてくださり、通訳者の立ち位置などを私の希望通りに設定していただけました。初めて仲間として認められた瞬間でした。担当者が一生懸命覚えたての手話で話しかけてくださったのを、今でも心に残っています。


・3年目 進んでいる米国の通訳を体験する
 3年目は米国留学のため、全米薬剤師会(APhA)の大会に出席しました。なんと、そこでは大会HPから手話通訳を申し込むことが出来ました。運動を繰り返しやっと通訳者が付いた日本と違い、HPからボタンをクリックするだけで手話通訳が付く米国の進んでいる状況に驚きました。また、通訳者もプロフェッショナルの方ばかり。一般的な日本の手話通訳者よりもはるかに技術の高い通訳者たちで、ASL(アメリカ手話)なのに日本手話よりも情報がたくさん入るという体験をしました。HP掲載とハイクォリティの通訳。これが目指す形という想いを持つようになったのはこの頃からです。
※アメリカの手話通訳者は、基本的に大学の手話通訳科を卒業した方々なので、プロフェッショナルなのです。給料も違います。


・4年目、5年目 20人以上もの通訳者の派遣
 4年目になると「通訳がつくから皆で行こう」と聴覚障害を持つ薬剤師仲間で集まって参加するようになります。その時の人数は、7名ほど。これまでは私一人だけの参加だったので予算的にもそれほど大きなものではなかったのですが、7人もの参加となると果たして全員が希望する箇所に通訳をつけてもらえるのだろうか、と不安でした。日本薬剤師会とかかわりの深いろう薬剤師先輩が日本薬剤師会と話し合っていただいたお陰で、全員分の通訳が付きました。さらに、5年目になると参加者は10人ほどになりました。5年目は手話通訳とPC通訳の両方が付き、情報保障要員が手話通訳者だけで20名を超えたと聞いています。通訳費もたくさんかかったことでしょう。私たちも受け身で参加するだけではなく、自ら発表し、メッセージを伝えるようになりました。


・11年目 そしてHP掲載へ
 毎年、薬剤師仲間で必ず一人以上は参加して通訳を頼み続けるようにしました。しかしながら、「私たちメンバーの誰かがまとめて本部と交渉する形でいいのだろうか」という疑問が湧くようになりました。聴覚障害を持つ薬剤師の数は確実に増えてきて、私たちの知らない人も薬剤師になっています。私たちのネットワークにつながった人だけが情報保障を得られて、そうでない人が得られなくてよいのだろうか。私はアメリカで経験したHP申し込みの話を周囲にするようになりました。ちょうど大会開催地の薬剤師の先生から「何か必要なことはありますか?」と問い合わせをいただき、HPのことを話したら、早速会長に提案してくださいました。また、メンバーからもHPの要望を提出しました。その後どのような経緯かはわかりませんが、すぐにHP掲載が実現しました。11年目のときです。すんなり実現したということは、つまり日本薬剤師会内部で必要と考えてくださっている先生方が増えていっている証でしょう。当初の闘いから、年月はかかりましたが同じ団体の仲間としてより良い団体にしていこうという大きな変化を感じました。以後HP掲載は毎年続いています。


・他の学会・勉強会では…
 私の経験で今まで主催者側が手話通訳を用意してくださった医療関係の勉強会主催者は次の通りです。
 ・日本薬剤師会
 ・日本薬剤師会近畿ブロック
 ・愛媛県薬剤師会
 ・大阪府薬剤師会
 ・宇和島市薬剤師会
 ・吹田市薬剤師会
 ・日本病院薬剤師会近畿ブロック
 ・日本障害者歯科学会

 このように並べると多そうに見えますが、医療関係にはいろいろな会があり、ほんの一部です。一つ一つの交渉が大変なので、参加する勉強会の数を絞っているのが現状です。ただ、日本薬剤師会学術大会で手話通訳を実際に見たことがある薬剤師が多くいるので、「日本薬剤師会学術大会と同じようにつけてください」というだけで話が通じるようになってきています。

・まとめ
 日本薬剤師会学術大会HPで手話通訳申し込みが出来る形までに至った歴史を私の視点から書いてみました。「障害者差別解消法」が施行されている今でも、日薬のように公開申し込みをしている団体はごく少数です。まずは聴覚障害者当事者の声から始まり、団体と話し合って場合によっては多くの協力者と一緒に闘うことも必要です。自分自身も情報保障を得るだけではなく、その団体に貢献したいという気持ちがあれば、ゆくゆく団体内にも仲間がたくさんでき、一緒にさらに良い団体を創っていこうと想いを共有することが出来ます。
 若いろうの後輩に一番伝えたいことは、「ないものを創り上げられるようになって欲しい」ということです。今回は日本薬剤師会学術大会の手話通訳の例を書きましたが、社会の中でろう者が参加するには、足りない部分がどこにでもあります。「聴こえる人と同等に参加したいな」と思ったところには積極的に働きかけてほしい。最初から充実したところはありません。現在充実しているところがあるとすれば、そこには過去の運動の歴史があるのです。創っていく過程で傷つくこともたくさんあります。苦労もします。愛媛にいたときは宇和島と松山を何往復もしました。それを乗り越えて1つ創った経験と仲間がいれば2つ目、3つ目もきっとうまくいき、クリエイティブな人生を送れることでしょう。

スポンサーサイト
2016年09月19日 (月) | Edit |
日本薬剤師会学術大会はHPから手話通訳者を
申し込むことが出来ます(トップページの左下側にあります)。
http://convention.jtbcom.co.jp/49jpa/

今年も公開されました。今まではこちらから日薬本部に
担当者の連絡先をお聞きしてそこから交渉という形でしたが、
3年前からHPに申し込み方法が公開されるようになりました。
聞こえない人全員が交渉する力があるとは限らず
(というよりも交渉する力を持てていない人のほうが多いのが現実です)
、こういった形で主催者側が示してくださるのはとても嬉しいことです。


おととい、昨日と医療薬学会年会に参加しました。
Facebookでつぶやいたのをきっかけに、偶然私のほかに
ろうの薬剤師が2人参加しているのに出会いましたが、
手話通訳を申し込んだのは私だけでした。

正確に説明すると、私も主催者側に申し込んだのですが、
断られたために聴覚障害者の
相談機関である「大阪ろうあ会館」に相談し、ろうあ会館の努力で
大阪府の承認を得て派遣していただいたという形です。

文章に書けば短くまとめられますが、これもかなりの労力が要ることで、
それが出来るろう者は少数です。2人も方法がわかれば申し込んで
皆と一緒に勉強したかったと言っています。
こういったことがあるので、主催者側から示してくださることが
一番良いのです。

本来はそういう形が好ましいのですが、現時点では
示している場所はまずありません。そのように成長するには
長年の努力が必要です。

日本薬剤師会学術大会も最初は通訳を断られました。
大学を卒業したばかりの怖いもの知らずだった(?)私はとにかく闘いました。
話し合いではなく、もう戦いでした。ろう者も強くならなければ社会は変わりません。

薬剤師の後輩たち、他の専門職のろう者たち、それに携わる方々に
知っていただきたいので、当初の戦い、そしてHP掲載までに至った歴史を次回記します。
2014年02月16日 (日) | Edit |
手話通訳者の研究討論集会にて、このような問題が提起された。

「医師と薬剤師の薬の説明が違う。それで、ろう者が混乱することがある。」
ということであった。

ケースは、
「貼り薬が医師は5時間ではがしてと説明していたのに対し、
 薬剤師は1日貼ってくださいと説明した。」という内容であった。


薬剤師は基本的には製薬会社が作成した説明書(添付文書など)に
沿って「一般的な」説明をします。

医師は添付文書では、そう書いてあるけれども、
患者の体の状態や、自ら考案したより良い使い方を
口伝することがあります。

そういうこともあるので薬剤師が「この薬について医師から
何か説明を受けていますか?」と確認し、それに合わせて柔軟に
説明が出来ればいいのですが、時間の都合などでついつい
一方的に説明をしてしまいがちです。

このケースについては、処方せんに
「1日1回」としか書いていなかったのと推測しています。
そして添付文書でも1日1回と記載していて、
なおかつその薬が1日中ずっと貼るのが一般的な使い方の薬であれば、
疑いもなく1日中貼ってくださいと説明してしまいがちです。
患者から「医師から5時間ではがして下さいという指示があった。」と
いうことを聞いていない限りは…


それで、医師と薬剤師の説明が違うといったことが起きるのです。

こういった問題は、健聴の患者さんでも
混乱してしまいますので、ろう者はもっと混乱することでしょう。

こういったことについて医師と薬剤師の間でもっと
話し合いが必要なのですが、

患者さんも遠慮なく
「さっき医師が説明していたことと違うんですけど…」と
薬剤師に質問してほしいと思っています。

そうすれば、内容によって
「そしたら医師の指示通りに使ってください」と答えるかもしれませんし、
医師の指示がおかしいのではないかと疑問があれば、
TELなどで医師に確認の上、回答することが出来ます。

患者がろう者の場合、
それをなかなか言い出せない人が多いでしょう。
手話通訳者がついていても「なんかおかしいなぁ」と思いながら
うなずくのが精いっぱいでしょう。

手話通訳者が気づいたときには、フォローして頂ければと
思っています。私もろう者にこういうこともあるから、遠慮なく
聞いてくださいと説明して回ろうと思っています。


※1日中ずっと貼る薬を
 「5時間ではがす」という指示も決して間違いではありません。
 患者が皮膚が弱くかぶれやすいか何らかの理由があって医師がそう
 伝えたのだと思います。実際の担当医師、担当薬剤師に確認したわけではない
 ので、あくまで推測の話ですが。

2011年08月06日 (土) | Edit |
たまたまこんな記事を見つけました。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/health/517576/

高校時代、陸上部だったときに清涼飲料水を
飲んでも飲んでもまだのどがかわく…
3L以上飲んだのに… ということがありました。

「糖分の過剰摂取で血糖値が上がると、それを薄めようとして
さらに水分を欲して喉が渇く
▽尿の回数も増える▽喉の渇きに任せてさらに甘い飲み物を飲む
-という悪循環に陥る。」


なるほど…

今になってやっと理由が分かりました。
(薬剤師なのに今更というツッコミ禁止

皆さんも気を付けましょうね。


ちなみに我が家では、ブリタのポット型浄水器
が大活躍しています。

Liquelli_JP_01_detail_385x325.gif

冷蔵庫にすっぽり入るこのタイプがおすすめですよ。

2010年12月21日 (火) | Edit |
「調剤と情報」という薬剤師向けの雑誌があります。
今月12月号に私が以前勤めていた薬局と社長、そして
その地域の薬剤師会の活動が掲載されました。

http://www.jiho.co.jp/shop/goods/goods.asp?goods=94194


18ページの
特集Part2 「聴覚のバリアを取り除く」というところです。


(有)アポトライは愛媛県宇和島市にあり、私の薬剤師生活を
スタートさせたところです。

井上貴博社長に「少しの間でも構わないので、ろうと一緒に働き、
地域にろう者の理解を一緒に広めていきたい。」と言われて
2年強一緒に活動させて頂きました。


正直なところ、今現在も戻りたいと思うほどの宇和島市。
私の生まれ育った神奈川からは遠い遠い向こうの世界の
ようなところですが、とても暖かい人々の活動が紹介されていますので、
一度ご覧ください。

手話をするにあたって、聴覚障害者へ薬の情報を提供するにあたって、
とても大事な内容が書いてあります。

●きこえる薬剤師はきこえない患者さんに伝わっているつもりが
 実は伝わっていないことが多い などを指摘しています

これからも宇和島との関係を大切にしながら、一緒に夢を
かなえていきたいと願っています。


<参考URL>
有限会社 アポトライ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。